店内BGMの導入方法

男女

権利面の問題もクリア

店舗を開業するには内装工事や什器類の導入などさまざまな準備が必要となりますが、店内で流すBGMも事前にクリアしておくべき問題の1つです。小売店や飲食店はもちろん美容サロンなどサービス業の店も含め、たいていの店舗では来店客をリラックスさせる目的で店内にBGMを流しています。店の雰囲気に合わせたジャンルの音楽がBGMとして選ばれていますが、その音源を使用するにもある程度の費用がかかってくるのです。仮にこうしたBGMの費用を節約しようとして自分の所有する市販CDなどを音楽プレーヤーで再生し、店内に設置したスピーカーを使ってBGMを流すのは問題があります。演奏を趣味としている人が自分の経営している店で自作の音楽をBGMに使用する分には問題ありませんが、市販のCDや音楽配信された曲には著作権者が存在するのです。市販CD等から録音した曲は個人で楽しむ範囲なら問題なくても、店舗のBGMとして営利目的に使用する場合は著作権者の許諾が必要となります。市販CDそのものをBGMとして使用する場合は、著作権管理団体への手続きを経て著作権使用料の支払いが欠かせません。大半の店舗では有線放送と契約しており、そうした著作権がらみの面倒な問題を事前に解決した上で開業しています。有線放送ではあらかじめ著作権管理団体への手続きと支払いを済ませているため、利用客は権利面を気にすることなく安心してBGMを使用できるのです。有線放送のチャンネルは数百を数え、J-POPやロック・ジャズ・クラシック・イージーリスニングなど店の雰囲気に合わせたジャンルのBGMが自由に選べます。最近ではこのような有線放送の利用が店舗だけでなくオフィスやクリニックにまで広がっており、さまざまな職場でBGMが有効活用されています。店舗の販売促進や演出効果向上の目的で使われていた有線放送のBGMが、従業員の業務環境改善にも利用されているのです。

Copyright© 2017 人気の曲を聴くために有線放送を利用【話題の曲を楽しもう】 All Rights Reserved.